BLOG

屋根工事も内装センター(株)

2018/11/26

屋根には様々な部品があります。

その中でも屋根の山の部分に棟包み板金があります。

その棟包み板金が屋根材と屋根材を

いわゆる包み込んで結合しています。

その板金は下地の木材に釘で固定されていますが

経年劣化によって下地が痩せて釘が抜け落ちてきます。

そのような状況で台風などの強風が吹くと板金が煽られ

剥がれ落ち板金が吹き飛んで二次災害に発展するケースが

少なくありません。

強風で屋根からバタバタ音がしたら迷わず点検をしましょう。